スピリチュアル

【占星術×未来】これからの風の時代を予想する

これまで、エレメントの特性に着目して歴史を振り返ってきました。

maru

今回は占星術×少し先の未来です!

ここから10年、20年はどのような動きが出てくるのでしょうか?

軽く、自由な時代、風の時代のこれからを予想しました!

風の時代がやってきた

占星術におけるエレメント

black telescope under blue and blacksky

占星術には、この世のあらゆるものはエレメントによって構成されているという考え方があります。

人、モノ、時代、この世の全てはエレメント(火、土、風、水)のどれかに分類されるとされています。

エレメントに属するのは地球上のものだけでなく、宇宙空間に存在する星・惑星なども同じです。

maru

そして各エレメントにはそれぞれ特徴があります!

エレメント
この世を構成する要素のこと

火:牡羊座・獅子座・射手座。情熱、野心、冒険。
土:牡牛座・乙女座・山羊座。安定、受動、感覚。
風:双子座・天秤座・水瓶座。社交性、情報、軽さ。
水:蟹座・蠍座・魚座。共感、交わり、変容。

約240年ぶりに時代が変わる

bread food salad red

土星と木星が一直線上に並ぶことをグレート・コンジャンクションといいます。

このグレート・コンジャンクションはこれまでずっと土の星座(牡牛座・乙女座・山羊座)の上で起こっていました。

その期間は1780年から2020年12月21日までの約240年間。

グレート・コンジャンクションが土の星座上で起こっていたこの期間のことを占星術では土の時代と表現します。

ということは、2020年12月22日からは別の時代に入ったということ?

maru

そうです!
2020年12月22日からは風の時代に入りました!
これからの約200年間はずっと風の星座上でグレート・コンジャンクションが起こります。

グレート・コンジャンクションが起こる場所は、火→土→風→水の順で約200年ごとに移り変わります。

【土の時代から風の時代へ】グレート・コンジャンクションでなにが変わる? 昨日の龍に関する記事でも少し触れた【風の時代】。 なにがどう変わるのか? これまではなんの時代だったのか? これから...

時代の特徴

time for change sign with led light

土の時代は江戸中期から令和まで続きました。

この時代に重要視されていたのは、土の時代の特徴である安定、受動、感覚です。

キーワードは、

お金、土地、物質、所有、固定、安定、蓄積、性別、国籍、国境、組織、会社、縦社会、ブランド、学歴、肩書、資格、家柄、出身地、年齢、成功、上昇、自力、常識、ルール、既成概念

maru

自分の人生経験と照らし合わせてみると「たしかにこのキーワードを軸に時代が動いていたかも」と思うかも知れませんね!

↓これまでの土の時代に関する考察はこちらからどうぞ!

【歴史×占星術】これまでの土の時代①1007年〜1186年(平安〜鎌倉時代) 2020年12月22日、約200年続いた土の時代が終わり、ついに風の時代に突入しました。 前回の土の時代は1780年から2020...
【歴史×占星術】これまでの土の時代②1780年〜2020年(江戸中期〜令和) 前回は、1007年〜1186年(平安〜鎌倉時代)の土の時代を振り返りました。 前回のまとめで、貴族が中心だった平安は、土の時代を...
【歴史×占星術】これまでの土の時代③1780年〜2020年(江戸中期〜令和) 前回、前々回と土の時代について振り返ってきました。 いよいよ今回は自分たちに一番身近な昭和→平成→令和の振り返りです。 土...

今回2020年12月22日から新たに始まったのは風の時代です。

風の時代の特徴は社交性、情報、軽さ

もうこの3つの特徴だけでも今の現代を表しているね!

キーワードは、

情報、体験、人脈、共有、移動、流動、革新、循環、ボーダーレス、国際化、個人、フリーランス、横のつながり、友人、対等、心のよろこび、精神、コミュニケーション、協力、柔軟、インターネット、自由

です。

以前、前回の風の時代について考察を行ったところ、確かにこのキーワードのうちのいくつがポイントとなって歴史がつくられたことがわかりました。

【歴史×占星術】これまでの風の時代 1186~1425年(鎌倉時代〜室町前半) これまで、土の時代の歴史を振り返り、エレメントの影響がどのように現れているかについて見てきました。 今回は風の時代×歴史について...
maru

そこで今回は過去×占星術ではなく、未来×占星術で、これから先の200年を予想してみたいと思います!

風の時代はいつからいつまで

風の時代はいつまで?

woman looking out of car window

エレメントは約200年間隔で切り替わります。

2020年から始まるということは、風の時代が終わるのは2200年頃になりそうです。

maru

今の時代を生きる私達はだれも生きていないので、とりあえず終わりは気にしないでおきますか!笑

時代の切り替わりはグレート・コンジャンクションの前後でスパッと切り替わるのではなく、グラデーション状に変化していきます。

つまり、土の時代にいながら、次の風の時代へ向けての動きもみられるということです。

風の時代はいつから?

abstract astronomy constellation cosmos

風の時代が正式に始まるのは2020年12月22日です。

時代の切り替わりは、土星と木星が一直線上に並ぶグレート・コンジャンクションを堺に起こります。

各惑星はそれぞれ固有の周期で12星座をゆっくりと移動しています。

土星は30年で、木星は12年で、12星座をぐるりと一周してきます。

各星座に滞在する期間は、土星は2〜3年、木星は約1年です。

土星は2017年末に土のグループであるやぎ座に入り、2020年5月に風のグループであるみずがめ座に入るも、再びやぎ座に戻ってしまいました(これを逆行といいます)。

そして2020年12月17日にようやく、完全にみずがめ座に移動することになり、ここから本格的に土星のみずがめ座の旅(風の旅)が始まります。

木星は2019年12月にやぎ座に入り、5月14日に同じく逆行を開始します。そして2020年12月19日、土星の2日遅れでみずがめ座への移動を開始することになります。

maru

こうして、土星と木星が土の星座の旅を終え、風の星座の旅を正式に始めるのは2020年12月22日です。

風の時代に向けての動きは2000年ころから

atlas ball shaped business compass

2020年12月22日から始まった風の時代ですが、その前から風の時代らしさは見え隠れしていました。

【歴史×占星術】これまでの土の時代③1780年〜2020年(江戸中期〜令和) 前回、前々回と土の時代について振り返ってきました。 いよいよ今回は自分たちに一番身近な昭和→平成→令和の振り返りです。 土...

風の時代の特徴である社交性、情報、軽さ。これに関連して様々なことが起こり始めていました。

どんなことが起こってたっけ?

maru

まず社交性×情報×軽さで一番に思い浮かぶのがインターネットの普及です。

インターネットの普及により、SNSが急速に発展しました。
SNSを通じて人と知り合ったり、あらゆる情報が手に入るようになったり、SNSでお仕事をする人が出てきたりと、一昔前までは想像もできない時代になりました。

わたしたちに馴染みのあるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)が始まった時期をまとめました。

  • facebook : 2004年
  • Youtube : 2005年
  • Twitter : 2006年
  • Instagram : 2010年
  • TikTok : 2017年

やはりどれも2000年を過ぎたあたりから始まっています。

これからの風の時代を予想

国際化がどんどん進む

person with toy airplane on world map

これからの時代、風の時代らしく、国際化がますます進んでいくことでしょう。

今こそコロナウイルスで海外へ行くことが難しくはなっていますが、コロナウイルスが収束したあとは「待ってました」と言わんばかりに一気に人が動き出すことでしょう。

昔は国外へ行くということは本当に人生の一大イベントでした。

現在では「一泊二日で韓国に」と、まるで隣の県に行くかのように出かけられる時代になっています。

まさしく風の時代のキーワードである、ボーダーレス、国際化、流動、移動ですね。

情報、体験、人脈、共有、移動、流動、革新、循環、ボーダーレス、国際化、個人、フリーランス、横のつながり、友人、対等、心のよろこび、精神、コミュニケーション、協力、柔軟、インターネット、自由

また、今回のコロナウイルスにより、人と人との関わり方が変わってきました。

これまでは直接顔を見て話すのが当たり前だった時代から、「リモートでの対応でもいいのではないか」と考えられる時代へ。

コロナウイルスが収束したあと、仕事で海外へ直接行く人もいれば、引き続きリモートで対応する人も出てくるでしょう。

旅行の在り方も変わってきました。

maru

まさか旅行もリモートでできる時代がくるとは思いもしなかったですね!

低迷が続く観光業界が打ち出したのはリモートでの旅行。

旅行会社の方々が現地を訪れ、撮影を行い、まるで実際に旅行に来ているかのような体験ができる動画を作成し、それを視聴する権利を販売するという「オンラインツアー」。

オンライン宇宙体験とか、インド・バーチャル占いとか楽しそう♪

オンラインツアー ご自宅から海外・国内旅行【HIS】
maru

風の時代らしい、自由で軽い時代がついにやってきましたね!

個人の確立

black woman covering face with hands standing near potted plant

風の時代と土の時代の大きな違いの1つは、個人の確立です。

これまでの時代は、個人の特性を重視する時代というより、全員でみんなおんなじを目指そうという時代でした。

人と違うことをしていたら変な目で見られるので、良い学校に入り、良い企業に勤め、定年まで会社を辞めることなく、退職金をもらい、定年後に楽しく暮らす。

これがテンプレートとなっていました。

maru

これからの時代は違います!

テンプレートなんて存在しません!

自分の”好き“をコンパスに、したいように人生を描いていく時代がやってきました!

フリーランスの増加もその流れのひとつ。

2015年には913万人だったフリーランスは、2020年には1,034万人と5年で100万人以上増えています。

これまでの土の時代では自営業、フリーランスというのは不安定で危険という認識のある職業でした。

風の時代に入ったいまでは「あの人もフリーランス」「この人もフリーランス」といったように、自分の好きを仕事に変えていく人が急増しています。

maru

ランサーズ、crowdworks、ココナラ、minneなど、自分を売り出す場が多数存在していて、かんたんにフリーランスとしての活動を始められるようになりました!

クラウドソーシング「ランサーズ」

このフリーランス増加の動きは、次項の精神面を重視するというキーワードも相まって、どんどんどんどん加速していくでしょう。

精神面を重視する

woman on a flower field

土の時代は、精神面より物質面を重要視する時代でした。

ココロよりモノだったのです。

自分の時間よりもお金。仕事がキツくても多額のローンを組んで良い家に住む。

ブラック企業という言葉が出てきたのも風の時代に入るための準備だったからとしか思えません。

ここ10年くらいかな?ブラック企業という言葉が使われ始めたのは。

maru

映画「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」が公開された2009年前後からブラック企業という言葉が広く認識され始めたと言われています!

これまでの時代にもブラック企業と呼ばれるような過酷な労働環境の職場は多数存在していました。

ですが、そのような環境は当たり前のこととして当時は認識されていたのです。

過酷な労働環境であっても、心をすり減らしても仕事をし、お金を稼ぐのは当たり前。

お父さんは朝家族が寝ている間に出勤し、家族が寝静まった夜遅くに帰宅。休日は平日に溜まった疲れを取るため、一日中寝て過ごす。

これが「頑張っているお父さん」「エライお父さん」でした。

しかし、風の時代が近づくにつれ多くの人が

ここまでして働く意味はあるのか?
自分はなんのために働いているのか?
というかそもそもこの労働環境はおかしくないか?

という疑問を抱くように。

こうして生まれた言葉がブラック企業です。

また、時代の流れとともに、金銭面での豊かさより精神面での豊かさを求める人が増え、地方へ移住する動きも強くなってきました。

maru

2014年度の地方移住者数は1万1735人。

2009年度から比べて、5年間で4倍以上に増えているんです!

今後移住する予定又は移住を検討したいという東京在住者(今後1年以内、5年めど、10年めど、時期未定の合計)は、約4割にものぼるそうです(数字で見る地方創生 | 月刊「事業構想」2016年10月号)。

お金より心を大切にし、地方へ移動することを選んだ人たちの最大の懸念事項は仕事

(出典)移住・交流推進機構『移住に関する意識調査』(2015年11月)

地方に行きたいけど仕事どうしよう…。

向こうでいい仕事があれば一番だけど…。

あ!どうせだったら、今自分ができること、好きなことを仕事にして生きていくのもありだな!

最初は今より給料が少ないかも知れないけど、今より毎日を楽しめそうだぞ!

といったように金より心を大切にする人たちが増えてきています。

精神面を重視する動きこれからどんどん強まっていくので、フリーランスの人口も、地方移住人口もぐんぐん増加していくことでしょう。

これからの風の時代を予想するまとめ

以上、【これからの風の時代を予想する】でした!

maru

未来を想像するのってワクワクしますよね!

100年先など、もっともっと先の未来も想像してみたくなりました!

  • 国際化がどんどん進む
  • 自由を求めフリーランス人口が増加する
  • 心の豊かさを求め地方移住者が増加する
  • モノより心の流れが強まる
【土の時代から風の時代へ】グレート・コンジャンクションでなにが変わる? 昨日の龍に関する記事でも少し触れた【風の時代】。 なにがどう変わるのか? これまではなんの時代だったのか? これから...
【龍は本当にいる?】龍とはなにか?風の時代と龍神の関係 昨今、スピリチュアルの世界では龍神ブームが巻き起こっています。 これまでも龍神様についていろいろと取り上げられることは多くありま...
【歴史×占星術】これまでの土の時代①1007年〜1186年(平安〜鎌倉時代) 2020年12月22日、約200年続いた土の時代が終わり、ついに風の時代に突入しました。 前回の土の時代は1780年から2020...
【歴史×占星術】これまでの土の時代②1780年〜2020年(江戸中期〜令和) 前回は、1007年〜1186年(平安〜鎌倉時代)の土の時代を振り返りました。 前回のまとめで、貴族が中心だった平安は、土の時代を...
【歴史×占星術】これまでの土の時代③1780年〜2020年(江戸中期〜令和) 前回、前々回と土の時代について振り返ってきました。 いよいよ今回は自分たちに一番身近な昭和→平成→令和の振り返りです。 土...
【歴史×占星術】これまでの風の時代 1186~1425年(鎌倉時代〜室町前半) これまで、土の時代の歴史を振り返り、エレメントの影響がどのように現れているかについて見てきました。 今回は風の時代×歴史について...
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。