スピリチュアル

龍はそこらじゅうにいる【龍に会うためには】

いま大ブームの龍神様。

龍がついてくれている、龍に会えた、龍雲を見た、など龍にまつわる話をよく聞くようになりました。

では実際龍は存在するのか?

いるとしたらどこで会えるのか?

どうすれば会えるのか?

龍は実在するのかどうか、龍に会うためには、についてまとめました!

【龍は本当にいる?】龍とはなにか?風の時代と龍神の関係 昨今、スピリチュアルの世界では龍神ブームが巻き起こっています。 これまでも龍神様についていろいろと取り上げられることは多くありま...

龍は実在する?

龍とは

龍は、中国では想像上の生き物として古くから存在していました。

雨や風、雷などを自在に操作できる『天候を操る神』として崇められていました。

雨は作物にとって恵みの雨。

その貴重な雨を降らせることから水神としても祀られていました。

日本ではもともと蛇神信仰があり、これが中国から入ってきた龍神信仰とミックスされ、いまでは

蛇は龍の化身!

と認識されています。

他にも、大祓詞(おおはらえのことば)という祝詞に出てくる瀬織津姫(せおりつひめ)様が姿かたちを変えたものが龍神である、という説もあります。

龍にも種類があります。

まず、分類としては、神様として存在する龍と、神様の御使いである眷属(けんぞく)として存在する龍がいます。

次に龍の色です。

黒龍、白龍、赤龍、青龍、黄龍、緑龍、金龍…などなど、本当にいろんな色の龍がいるそうです。

龍によって性格もさまざまなんだとか。人間と一緒ですね。

maru

私は直接お話できたことはないのでわからないのですが、桜井識子さんのお話によると、だいたいどの龍も性格はとってもクールなんだそうです。

龍はそこらじゅうにいる

実は龍はそこらじゅうに居てくれます。

特に多いのが自然の中や神社仏閣など、澄み渡った空気の場所に多く存在します。

水神としても認識されている龍なので、水のあるところにも多く存在します。

水の多いところといえば、海、川、湖、滝。

maru

妻龍で知られる「妻に龍が付きまして…」に登場する龍神ガガさんは、海は波が騒がしくて疲れるからあまり居ないと言っていました〜!
川、湖、滝が多いみたいです!

created by Rinker
¥1,527 (2021/05/06 00:54:22時点 楽天市場調べ-詳細)

神様の眷属としている龍は、自由にそこらじゅうの空を泳いでいたり、川や湖で休んでいたりするそうです。

神様としている龍や社殿を任されている龍の眷属は、神社上空の空を泳いでいることが多いそうです。

姿を見せてくれる

霊感ぜんぜんないんだけど龍見えるかな?

maru

見えますよ!

わたしも現在、米粒ほどの霊感しかありません。笑

ですが、そういった霊能力がまだ低い人たちに対しては、龍は雲という形をとって姿を見せてくれます。

桜井識子さんレベルになると(最初からここまで霊能力が高かったわけでなく上げるため訓練をしたそうです)、ハッキリと見えるそうですが

龍なんて日常で見たことない…。

という人がほとんどではないでしょうか。

まだハッキリと姿を見ることができない私たちには、龍雲という形で姿をあらわしてくれます。

たしかに、『あ、あの雲、龍っぽい!』とか思える雲はこれまで人生で一度は見たことはあったと思うけど…本当に龍なの?

maru

龍ですよ!

あなたが龍っぽい、龍だ、と思ったときには本当にそこに龍がいます。

同じ瞬間に、全く同じ方向の空を見上げている人は何人いるでしょうか?

あなたがたまたま見上げた空に龍雲があった、ということは龍があなたのために姿を見せてくれたということです。

また、空だけでなく木に宿っている、もしくはよくその木を訪れるという場合もあるそうです(私は木にいる龍をまだ見れていません; ;)。

桜井識子さんのブログで、『龍トレーニング』というものがあり、

龍がいるというのはこういう感覚なのか!

ということを、桜井識子さんが龍のいる場所で撮った写真を通して学べるようになっています。

龍を見たい、龍がいるってどんな感じ?ということを知りたい方は『桜井識子 龍トレーニング』と調べてみてください^^

龍に会うための心構え

ここからは実際に龍に会うためにどうしたら良いのか、どういう気持ちでいれば会いやすくなるのかについてお話しします。

これは、本ブログでお馴染みの桜井識子さんをはじめ、妻龍の小野寺S一貴さんやその他スピリチュアル本を参考にし、実際にわたしが取り組んでみて

maru

これが大事だな〜!!

と思うことをピックアップしました。

龍に会いたい、龍雲を見たい、と思う方はぜひ参考にしてみてください。

信じる気持ちを持つ

woman standing near concrete wall

疑いの気持ちを持っていると見えにくくなります。

信じる気持ちが非常に大切です。

この信じる気持ちとは、以下の3つのことです。

  1. 龍は存在すると信じる気持ち
  2. 私には見えると信じる気持ち
  3. 龍が姿を見せてくれると信じる気持ち

1. 龍は存在すると信じる気持ち

まず、基礎的な部分ですが、龍はいると本当に心から信じることが大切です。

本当にいるのかな?
姿を見せてくれれば信じられるんだけど…。
龍、いないかな〜?

と思って空を見上げるのと

ここには龍いるかな〜?

と思って空を見上げるのでは全然違います。

前者は疑いの気持ちを持ったまま探しており、後者はいる前提で探しています。

「絶対にいる」と心から信じるのが大切です。

絶対にいると心から信じられるようになるには、他の人が龍に出会った話を聞いたり、他の人が撮った龍雲を見るようにするといいです。

論より証拠、百聞は一見にしかず、といいますが、やみくもに

龍はいる!絶対いる!

と繰り返し念じるだけより、なにか証拠となるものを見たほうが「本当にいるんだ!」とスッと信じられるようになると思います。

近年は龍神ブームが訪れているのでインターネットで『龍雲』と検索するだけで多くの写真を見ることができます。

スピリチュアル雑誌として有名な【ゆほびかGOLD】には、2020年5月号に龍雲特集が組まれていて素晴らしい龍雲の写真が多数載っていますよ!

created by Rinker
¥990 (2021/05/05 12:33:27時点 楽天市場調べ-詳細)

2. 私には見えると信じる気持ち

black binocular on round device

次に、私には見える能力がある、見ることができる、と信じる気持ちが大切です。

龍がいると思えるようにはなったけど、はたして私に見えるのか…??
霊能力ゼロだと思うんだけど…。

maru

絶対に見えます!
霊能力がゼロという人は本当は存在しません。
自分で無いと思っているから無くなっている(見えなくなっている、分からなくなっている)だけです。

人はだれにでも霊感があります。

人はもともと魂の存在(霊的存在)であり、三次元の世界(この世)では身体という入れ物に入っているだけということを考えれば、当たり前のことなのですが、この世にいる時間が長くなってくると、このことをすっかり忘れてしまうのです。

赤ちゃんや子どもは霊感があるという話をよく聞きますよね。

あれはまだこの世にきて日が浅いから、霊能力で見える世界と三次元の世界の区別がついていない状態だからです。

時間が経つにつれ、三次元の世界の方にフォーカスをあてるようになり、霊能力は徐々に使われなくなっていき、本人の感覚としては

私に霊感はない!

という認識になるのです(中には幼い頃からずっと見えたままという人もいます)。

ですが、霊能力は失われたのではなく、使っていないだけ、無いと思いこんでいるだけ。

本当は霊能力というレンズを持っているので、あとは「持っている」「私には見える」ということにさえ気づければ、そのレンズを通して物事を見えるようになります。

すぐさま見えるわけではありませんが、まずは

自分にも霊感はある!
見える!

と信じてみましょう!

引き寄せの法則もあいまって、実際に「自分に霊感はある」と信じられる出来事が次々と寄ってくるはずです。

【願いごとが叶いにくい人に読んでほしい】願い方にはコツがある!上手な引き寄せの法則の使い方 引き寄せの法則というのはご存知でしょうか? 自分の考えが目の前の現実を引き寄せるというものです。 この法則を上手に使うと、...

3. 龍が姿を見せてくれると信じる気持ち

龍はいる、自分には霊感がある、と信じられたら最後は「龍は自分に姿を見せてくれる」と信じるだけです。

龍がいると言われる場所に足を運び、あたりを見回して見ても龍らしき存在は見つからない…。

なんだぁ〜。やっぱり居ないんじゃん〜。
それか居ても私には姿を見せてくれないのね〜。

と思うのはNG!次からも会いにくくなってしまいます。

maru

龍だって生き物です。
会いたいと思う人の前に現れてくれる可能性は高いですが、いつもいつも姿を見せてくれるわけではありません。

人間だって、会いに行った人が留守だった、いなかった、ということはありますよね。
だからといってその人が存在しないという話にはなりません。

龍は必ずいます。
いなかったのはたまたまかもしれないのです。
会えなかったときに「龍はいない」と思ってしまうと、次からも会いにくくなってしまいます!

その日はたまたま会えなかっただけかも知れません。

たしかに、たまたまが重なれば龍は居ないのではと疑う気持ちが出てくるかも知れません。

ですが、龍は必ずいます。

今まで霊能力にフタをして何十年と生きてきたのですから、龍がいると信じはじめて数日で、会えたというほうがどちらかといえば不自然です(でも普通に起こりうることです!)。

なので、姿を見せてくれないのではないかと疑ってはいけません。

タイミングがあえば必ず会えるようになります。

何度行っても姿が見えないとしても絶対に諦めず、

会える!大丈夫!

と信じる気持ちを忘れないでください。

龍はいる、龍に会うためにはまとめ

以上、龍は様々な場所にいるということと、どういう気持ちでいれば龍に会いやすくなるのかについてお話しました。

maru

次回は、実際に私が出会った龍についてお話しします!

  • 龍はそこらじゅうにいる
  • 多いのは水辺(海、川、湖、滝)、自然が多いところ(山など)、神社仏閣
  • 空を泳いでいたり、水辺で休んでいたりする
  • 霊感がなくても、龍雲や木を通して龍を認識できる
  • 龍に会いやすくなる心構え
    • 龍は存在すると信じる気持ち
    • 私には見えると信じる気持ち
    • 龍が姿を見せてくれると信じる気持ち

【龍は本当にいる?】龍とはなにか?風の時代と龍神の関係 昨今、スピリチュアルの世界では龍神ブームが巻き起こっています。 これまでも龍神様についていろいろと取り上げられることは多くありま...
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。