スピリチュアル

【土の時代から風の時代へ】グレート・コンジャンクションでなにが変わる?

昨日の龍に関する記事でも少し触れた【風の時代】。

なにがどう変わるのか?

これまではなんの時代だったのか?

これからはなにがキーワードとなってくるのか?

昨日で終わりを告げた【土の時代】。今日から新たに始まる【風の時代】。

この2つの時代についてまとめます。

【龍は本当にいる?】龍とはなにか?風の時代と龍神の関係 昨今、スピリチュアルの世界では龍神ブームが巻き起こっています。 これまでも龍神様についていろいろと取り上げられることは多くありま...

星と時代の移り変わりの関係

エレメントの影響

faceless fortune teller with burning candles at home

maru

西洋占星術(せいようせんせいじゅつ)というものをご存知ですか?

主にヨーロッパやアラブ諸国で発展してきた、天体の動き・位置から地球に及ぼす影響を予測しようとする占いの一種です。

西洋占星術においては12星座を4つのグループ(火・土・風・水)に分類します。

ひとつひとつのグループをエレメントと呼び、古代ギリシャ時代からエレメント(火・土・風・水)が世界を構成する要素であるとして認識されてきました。

各エレメントにはそれぞれ特性があります。

エレメント
この世を構成する要素のこと

火:牡羊座・獅子座・射手座。情熱、野心、冒険。
土:牡牛座・乙女座・山羊座。安定、受動、感覚。
風:双子座・天秤座・水瓶座。社交性、情報、軽さ。
水:蟹座・蠍座・魚座。共感、交わり、変容。

わたしは牡羊座だから実は冒険家なのね!

maru

そのように自分のことを知るのに、エレメントを活用することができますね!

自分の星座から、エレメントの特性を知り、自分の特性を読み取ることができます。

maru

また、エレメントには始まりと終りがあり、

火(始まり)=「起」
土(承け)=「承」
風(展開)=「転」
水(帰着)=「結」

と展開していきます。

合わせて、「発散(火)⇒収束(土)⇒発散(風)⇒収束(水)」という動きも持っています。

エレメントにはたくさんの特徴があるんだね!

実はエレメントの影響は人だけにあらわれるのではなく、時代にもあらわれるのです。

その時代、時代で星座の影響が色濃く現れていることを知っていましたか?

後述しますが、これまでの200年間は土の時代でした。

そしてなんと2020年12月22日から!約200年ぶりにエレメントが変わり、風の時代に突入するのです!

maru

この時代の切り替わりのときに起こるのがコンジャンクションというもの。

次はこちらについて説明します。

グレート・コンジャンクション

blue universe

コンジャンクションは天文用語。英語でconjunctionと書きます。

conjunction
接続詞、結合、連結、接続、合同、連絡、(2 惑星などの)合、(月の)朔(さく)(など)

conjunctionの意味・使い方・読み方 | Weblio英和辞書

コンジャンクションとは、太陽の周りを回る2つの惑星がぴったり一直線上(0度)に重なることを言います。

例えば、月に1度訪れる新月は、月と太陽とコンジャンクションですね。

月と太陽のコンジャンクションは年に12回起こりますが、木星と土星のコンジャンクションが起こるのはなんと20年に1度です。

この重なりが珍しいということからグレート・コンジャンクションと呼ばれています。

また、頻度の少なさだけでなく、西洋占星術では、木星と土星は人や社会に及ぼす影響も多い星であるという意味でもグレートと付けられているという説もあるそうです。

土星・木星・やぎ座・みずがめ座の特徴

white and black light streaks

各惑星はそれぞれ固有の周期で12星座をゆっくりと移動しています。

土星は30年で、木星は12年で、12星座をぐるりと一周してきます。

各星座に滞在する期間は、土星は2〜3年、木星は約1年です。

土星は2017年末にやぎ座に入り、2020年5月にみずがめ座に入るも、再びやぎ座に戻ってしまいました(これを逆行といいます)。

そして2020年12月17日にようやく、完全にみずがめ座に移動することになり、ここから土星のみずがめ座の旅が始まります。

木星は2019年12月にやぎ座に入り、5月14日に同じく逆行を開始します。そして2020年12月19日、土星の2日遅れでみずがめ座への移動を開始することになります。

努力・忍耐・試練の星である土星と、幸運・発展・拡大の星である木星。

やぎ座は社会や責任、忍耐をあらわし、みずがめ座は個性、平等、社交性をあらわす星座です。

ここまで、土星、木星、やぎ座、みずがめ座の移動周期や特性についてまとめました。

では、これらの移動がわたしたちにどのような影響をもたらすのでしょうか?

maru

滞在する星座の特性×滞在する惑星の特性で、わたしたちにどんな影響を及ぼすのかが分かります!

時代が移り変わる

滞在する星座×滞在する惑星で、そのときに私たち個人や社会に与える影響が変わってきます。

これまではやぎ座に土星、木星が滞在していましたが、2020年12月後半からはどちらもみずがめ座に移動します。

ここ200年間はずっと、土のエレメント(おうし座・おとめ座・やぎ座)でグレート・コンジャンクションが起こっていましたが、2020年12月22日以降の200年間は風のエレメント(ふたご座・てんびん座・みずがめ座)で起こることになります。

グレート・コンジャンクションと同時にエレメントが変わることをミューテーションといいます。

これまでの200年間は土の時代でしたが、これからは風の時代に入っていきます。

エレメントの特徴をもう一度まとめますと、

エレメント
この世を構成する要素のこと

火:牡羊座・獅子座・射手座。情熱、野心、冒険。
土:牡牛座・乙女座・山羊座。安定、受動、感覚。
風:双子座・天秤座・水瓶座。社交性、情報、軽さ。
水:蟹座・蠍座・魚座。共感、交わり、変容。

つまり、時代のキーワードが『安定、受動、感覚』から『社交性、情報、軽さ』に変わるのです。

時代のキーワードに対して、惑星の特性である努力・忍耐・試練(土星)と、幸運・発展・拡大(木星)が作用することになります。

つまり、これからは社交性や情報、軽さに関して試練や努力が求められると同時に、社交性や情報、軽さを中心に幸福や発展が訪れるということです。

グレート・コンジャンクションによる時代の変化は12月22日を境目にスパッと切り替わるわけでなく、徐々に徐々にグラデーション状にシフトしていきます。

200年かけて風の時代にシフトしていくのです。

時代の変化

【土の時代】2020年12月21日までの200年間

brown shovel

土のエレメントの特徴は、安定、受動、感覚でした。

これまでの200年間は振り返ってみれば、盤石な基盤を築くことを目標に人生を歩んできた200年であったと言えるでしょう。

たしかに就職先といえば安定した企業に入るのが素晴らしい、という風習になっていたかも!

maru

そうですね!
その他にも、土地を買い、家を建て、保険に入り、老後のために貯金をし、自分の人生を安定させることを大きな目標としてきた人が多かったのではないでしょうか。

これまではそういった土地、家、車、安定した仕事、高収入、老後も安心して暮らせる貯金などに重きが置かれていました。

他にも、ブランド、学歴、肩書、資格、家柄、出身地、年齢、縦社会というのを意識して生きてきました。

会社・組織・チーム・秩序・ルールにも重きが置かれていました。

それを大切にしていくのが当たり前だと思って過ごしてきたから、どう変わっていくのか不安だな〜

maru

大丈夫ですよ!
最初は戸惑うことも多いかも知れませんが、実はすでにシフトは始まっていました。
逆に風の時代のこれからのほうが、これまでの重さが取れて生きやすいと思えるのではないかと!

【歴史×占星術】これまでの土の時代①1007年〜1186年(平安〜鎌倉時代) 2020年12月22日、約200年続いた土の時代が終わり、ついに風の時代に突入しました。 前回の土の時代は1780年から2020...
【歴史×占星術】これまでの土の時代②1780年〜2020年(江戸中期〜令和) 前回は、1007年〜1186年(平安〜鎌倉時代)の土の時代を振り返りました。 前回のまとめで、貴族が中心だった平安は、土の時代を...
【歴史×占星術】これまでの土の時代③1780年〜2020年(江戸中期〜令和) 前回、前々回と土の時代について振り返ってきました。 いよいよ今回は自分たちに一番身近な昭和→平成→令和の振り返りです。 土...

【風の時代】2020年12月22日からの200年間

anonymous woman walking near waving sea

風のエレメントの特徴は、社交性、情報、軽さです。

土の時代の重さが取れ、サクサク動きやすい時代がやってきます。

maru

所有の形の変化もその1つの例です!
車・音楽・映画・衣服も、所有からサブスクリプションへの移行がどんどん行われています。

服が一番わかりやすいでしょうか。

たくさんの服を抱えているとクローゼットがパンパンでどこに何があるのかわかりにくいし、引っ越しのときも大変ですよね。

もしこれがサブスクリプションを利用していて、その季節に必要な服が数枚だけあるとしたらどうでしょう。

引っ越し楽〜♪
サクッと動けるね!

maru

ですよね!
こういったことが衣服だけじゃなく、他でもどんどん起こってきます。
軽さがこれからのキーワードですね。

ほかには社交性と情報。これはインターネットの普及が一番わかりやすいかと思います。

20年前にはここまでネットが普及していることなど誰が想像できたでしょうか。

コロナの影響もありましたが、テレワークなど数年前までは考えられませんでした。

blur bottle bright building

また、副業やフリーランスの増加も風の時代の象徴でしょう。

これまでは組織の中で活躍することが当たり前とされてきましたが、これからは個人ひとりひとりが自分の魅力を全面に押し出して活躍できる時代に入ります。

これからもっともっと世の中は軽く、どこでもなんでも出来るように変わっていくでしょう。

お金・モノ・地位などが重視されてきた土の時代から、精神・個人・コミュニケーションを重視する風の時代へ入ろうとしています。

【歴史×占星術】これまでの風の時代 1186~1425年(鎌倉時代〜室町前半) これまで、土の時代の歴史を振り返り、エレメントの影響がどのように現れているかについて見てきました。 今回は風の時代×歴史について...

【土の時代から風の時代へ】のまとめ

以上、土の時代から風の時代へのまとめでした。

maru

時代の大きな転換点にいるわたしたち。
変化を目の当たりにできるなんてワクワクしますね!!

これからの200年がたのしみです♪

  • 2020年12月22日に土の時代から風の時代へ移り変わる
  • エレメントの変化が起こるのは約200年ぶり
  • 変化は徐々に訪れる
  • 安定、受動、感覚が中心の時代から社交性、情報、軽さが中心の時代へ

【龍は本当にいる?】龍とはなにか?風の時代と龍神の関係 昨今、スピリチュアルの世界では龍神ブームが巻き起こっています。 これまでも龍神様についていろいろと取り上げられることは多くありま...
【歴史×占星術】これまでの土の時代①1007年〜1186年(平安〜鎌倉時代) 2020年12月22日、約200年続いた土の時代が終わり、ついに風の時代に突入しました。 前回の土の時代は1780年から2020...
【歴史×占星術】これまでの土の時代②1780年〜2020年(江戸中期〜令和) 前回は、1007年〜1186年(平安〜鎌倉時代)の土の時代を振り返りました。 前回のまとめで、貴族が中心だった平安は、土の時代を...
【歴史×占星術】これまでの土の時代③1780年〜2020年(江戸中期〜令和) 前回、前々回と土の時代について振り返ってきました。 いよいよ今回は自分たちに一番身近な昭和→平成→令和の振り返りです。 土...
【歴史×占星術】これまでの風の時代 1186~1425年(鎌倉時代〜室町前半) これまで、土の時代の歴史を振り返り、エレメントの影響がどのように現れているかについて見てきました。 今回は風の時代×歴史について...
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。