旅行

函館湯の川温泉【旅館一乃松】最高に美味しいご飯を朝も夜も部屋食で!純和風・高級感あふれるステキな老舗旅館

先日、前々から気になっていた【純和風旅館 一乃松】に宿泊しました!

料理が美味しいとの評判で、ずっと来てみたかったのです。

念願の一乃松宿泊レポートです。

函館湯の川温泉 旅館一乃松

基本情報

住所〒042-0932 北海道函館市湯川町1丁目3−17
電話0138-57-0001
FAX0138-57-3666
客室数29室(特別室2室・東館14室・西館10室・南館3室)
チェックイン15:00
チェックアウト10:00
HPhttp://www.ichinomatsu.co.jp/
パンフレットhttp://copilog.jp/bds_737558/views/index/
駐車場あり(無料)
支払い方法現金・AMEX・VISA・MASTER・DINERS・DC・UC・UFJ・JCB

一乃松の歴史

函館湯の川温泉「旅館一乃松」は昭和44年創業の純和風旅館です。

かつて漁師の網元の別荘だった建物を旅館として利用しています。

館内はとても広く、これが別荘だったと考えると…。

相当裕福な網元だったに違いありません!

建物は70年前に造られた京都風の中庭を中心として構成されています。

“コ”の字型に部屋が配置されているので、どの部屋からもこの素敵な中庭を見ることができます。

大型ホテルの多い湯の川温泉街のはずれに位置する、静かで安らげる高級感漂う純和風旅館です。

↓【湯の川温泉の詳細】についてはこちらの記事をどうぞ。

【湯の川 笑 函館屋】徹底紹介!スパークリングワインが飲み放題!源泉100%掛け流し温泉宿! 先日、急遽当日予約で湯の川温泉街にある「笑(えみ) 函館屋」に宿泊してきました。 仕事が終わってから向かったので着いたのは夜8時...

一乃松の特徴

夕朝食ともに部屋食

一乃松は、どの宿泊プランでも夕朝食ともに部屋食です。

夕食だけは部屋食で、朝は朝食会場という旅館は多くありますが、夕朝食ともに部屋食という旅館は非常に少ないです。

小さな子供がいると、会場食だと他の人に迷惑がかかるのではと心配になってしまいますが、部屋食だとのんびりゆっくり、周りを気にせず食事を存分に楽しむことができます。

料理が美味しい!

一乃松はなんと言っても料理が美味しいです!

お肉料理ももちろん美味しいのですが、イチオシはやはり海鮮料理。

海鮮で有名な函館ですので、新鮮な刺身盛りやイカの刺身、ウニ鍋、毛ガニなどが楽しめます。

料理のグレードは全部で5つ。1番グレードが高いのは匠の膳です。

  • 彩-いろどり-の膳
  • 恵-めぐみ-の膳
  • 輝-かがやき-の膳
  • 雅-みやび-の膳
  • 匠-たくみ-の膳
彩-いろどり-の膳(全12品)(一例)

全12品、一乃松の基本の会席です。

一乃松名物【キンキの唐揚げ】が付きますが、こちらのグレードだけ小さめサイズとなっています。

  • 食前酒:山桃酒  
  • 先 附:胡麻豆腐
  • 前 菜:出会い盛り四点   
  • お造り:本日の海鮮 三点盛り
  • 煮 物:焚き合せ  
  • 鍋 物:海胆鍋
  • 鉢 物:烏賊素麺  
  • 中 皿:毛蟹半身
  • 蒸 物:茶碗蒸し     
  • 揚 物:姫吉次唐揚げ(手のひらサイズ)
  • 汁 物:味噌汁  
  • 水菓子:フルーツゼリー
恵-めぐみ-の膳(全12品)(一例)

基本会席との違いはお造りキンキの唐揚げのサイズです。

これ以降のグレードはすべて通常サイズのキンキの唐揚げとなります。

  • 食前酒:山桃酒
  • 先 附:胡麻豆腐
  • 前 菜:出会い盛り・四点
  • 造 り:本日の海鮮・四点盛り 添え物一式・山葵
  • 煮 物:焚き合せ
  • 鍋 物:海胆鍋
  • 鉢 物:烏賊素麺
  • 中 皿:毛蟹半身
  • 蒸 物:茶碗蒸し
  • 揚 物:吉次(きんき)唐揚げ
  • 汁 物:味噌汁
  • 水菓子:フルーツゼリー
輝-かがやき-の膳(全13品)(一例)
出典:お料理|函館湯の川温泉 旅館一乃松(公式ホームページ)

前菜の内容が違うのと、基本会席に洋皿が加わり、全13品となります。

  • 食前酒:山桃酒  
  • 先 附:胡麻豆腐  
  • 前 菜:出会い盛り・五点
  • 造 り:本日の海鮮・四点盛り 添え物一式・山葵   
  • 煮 物:焚き合せ
  • 洋 皿:牛ヒレステーキ 
  • 鍋 物:海胆鍋
  • 鉢 物:烏賊素麺  
  • 中 皿:毛蟹半身  
  • 蒸 物:茶碗蒸し 
  • 揚 物:吉次(きんき)唐揚げ 
  • 汁 物:味噌汁  
  • 水菓子:フルーツゼリー
雅-みやび-の膳(全11品)(一例)
出典:お料理|函館湯の川温泉 旅館一乃松(公式ホームページ)

量を減らし、その分質を上げた食事プランです。

品数が少なくても、前菜の内容が豪華になっているのと、あわびステーキずわい蟹すき鍋が追加になります。

  • 食前酒:山桃酒
  • 前 菜:出会い盛り・七点
  • 造 り:本日の海鮮・五点盛り 添え物一式・山葵
  • 洋 皿:道南産 やわらか鮑ステーキ
  • 鍋 物:ずわい蟹すき鍋
  • 鉢 物:烏賊素麺
  • 中 皿:毛蟹半身
  • 蒸 物:茶碗蒸し
  • 揚 物:生吉次(きんき)唐揚げ
  • 汁 物:味噌汁
  • 水菓子:フルーツゼリー
匠-たくみ-の膳(全13品)(一例)
出典:お料理|函館湯の川温泉 旅館一乃松(公式ホームページ)

一乃松の最高ランクのお食事です。

前菜造り中皿がアップグレードされています。

牛ヒレステーキアワビのおどり焼きが追加になります。

  • 食前酒:山桃酒
  • 先 付:胡麻豆腐
  • 前 菜:出会い盛り・七点
  • 造 り:本日の海鮮・七点盛り 添え物一式・山葵
  • 煮 物:焚き合わせ
  • 洋 皿:牛ヒレステーキ
  • 鍋 物:鮑舞踊焼 ポン酢醤油
  • 鉢 物:烏賊素麺
  • 中 皿:毛蟹姿盛り
  • 蒸 物:茶碗蒸し
  • 揚 物:生吉次(きんき)唐揚げ
  • 汁 物:味噌汁
  • 水菓子:フルーツゼリー

スリッパ不要の全館総畳敷き

館内はスリッパを使わない全館総畳敷き。

リラックスした時間を過ごしてほしい

との思いから実現しました。

正直、館内でスリッパを使わなくていいのがこんなに楽だとは思いませんでした!

まるで家のようにリラックスして過ごせます。

全室から中庭が見える

中庭を中心に「コの字型」に旅館が構成されているので、どの部屋にいてからも京風庭園を見ることができます。

紅葉の時期が一番の見頃。

ライトアップされた庭園を眺めながらの食事は最高です。

「旅館一乃松」宿泊レポート

到着・駐車場

一乃松に到着したのはチェックイン開始となる15:00ちょうど。

まだあまり人はいませんでした。

旅館前に車を停めて、宿泊者名を伝えるとその後について指示されます。

駐車場はホテル横にあります。

一乃松来てみたかったので楽しみです〜♪

ホテルかもめ館が向かいにあります。

「一乃松」って名前がもう老舗旅館感バッチリですよね!

大きな松の木がお出迎えです。

ではいざ入館です!

ロビー・ラウンジ

ホテルロビーです。

老舗旅館ながらとても綺麗!

ラウンジです。

雑誌等が置いてありました。

京風の中庭です。

池に鯉が泳いでいます。

雰囲気最高です!

ロビーには高そうな大きなお皿が飾ってありました!

雰囲気でる〜。

お部屋

お部屋まで仲居さんが案内してくれます。

館内は総畳敷きです。

この「和」な雰囲気が本当に最高です。

二階もあるんですね!

私たちのお部屋は白樺の間になりました。

ちなみに今回予約したお部屋は【東館 和室10畳+広縁】です。

なかなか広めです。ゆったり過ごせそう。

仲居さんがお茶を入れてくれました。

芋羊羹もつきます。一乃松の手作りだそうです!

子どもの分もくれました^^

老舗旅館ですが、暑さ対策にエアコンもついています。

トイレ・バスもあります。

アメニティです。

剃刀、歯ブラシ、綿棒、ヘアゴム、コットン、シャワーキャップなど、一通り揃っていました。

トイレとお風呂が綺麗すぎてびっくり!!

改装済みなんですね〜。

新築ホテルのような綺麗さです。

老舗ホテルだからと心配する必要はありません。

浴衣とタオルセットです。

お風呂場にはないので部屋から持っていく必要があります。

館内スリッパはなしです。この靴下を履いて移動します。

もちろん裸足でもOKですが!^^

スリッパなしの滞在、思っていたよりもリラックスできました!!

館内施設

地域共通クーポンです。5,000円分もらえました!

そのほかに、予約したプランに2,000円分の館内利用券がついていました。

売店や食事中の飲み物に使えます。

私はフロント横の売店でお買い物することにしました^^

函館ならではの商品が売っています。

このチョコレート、試食できたので食べてみたら美味しかったです。

苦味があって、大人の味がしました。

結局お酒を買うことにしました〜。

「すず音」というお酒にしました。

初めて飲んだのですが、これがめちゃくちゃ美味しい!!!

日本酒なのに重くない。

お酒が苦手な私でもグイグイ飲めました!

めちゃくちゃオススメです!

あとから家で飲む用に買います。笑

温泉

浴衣に着替えて温泉へ向かいます。

温泉はロビー奥を進むと看板が出てくるので、矢印にしたがって進みます。

囲炉裏を囲む素敵な空間があったので、休憩所的な感じなのかと思いきや…

なんと喫煙所でした!

どこまでもお洒落〜。

男湯と女湯は時間で入れ替わります。

夜通し入浴できますが、夜中の2:00に浴場が入れ替わるのでその時間帯は避けた方が無難そうです。

入浴可能時間は15:00〜翌8:30です。

貸し切りだったので撮影させてもらいました!

脱衣所です。

鍵付きロッカーはないので、貴重品は部屋に置き、部屋の鍵はフロントに預けましょう。

洗面所です。

ドライヤーやアメニティが置いてありました。

歯ブラシやヘアゴムもあるので、部屋から持ってくるのを忘れたらこちらのを使いましょう。

お水も置いてあります。

温泉分析表です。

湯の川温泉なので、ナトリウム・カルシウムー塩化物泉です。

しょっぱいお湯になります。

源泉100%かけ流しではありません。

加水・循環ろ過・塩素系薬剤を使用しています。

一乃松の温泉は「檜の湯」と「聚楽(じゅらく)の湯」の2つの浴場があります。

この時間の女湯は「檜の湯」でした。

内装に檜がふんだんに使われていて、とてもリラックスできる空間となっていました。

洗い場です。全部で10箇所ほどありました。

シャンプー・コンディショナー・ボディーソープ・洗顔料が備え付けてあります。

御影石を使った浴槽です。

42℃に保たれた温泉が常にかけ流されています。

露天風呂です。ブレちゃいました^^;

ぶれてしまったので公式HPより写真を拝借します。

公式HPより

檜の露天風呂です。正面には坪庭があります。

小ぶりですが、お庭が見える素敵な露天風呂です。

壁の向こうは男湯です。

お湯は無色透明・さらりとした肌触りのお湯です。

さすがは湯の川温泉、とても温まりました。

夕食

待ちに待った夕食です。

その前に中庭をみながら食べたいので、カーテンを開けてセッティング!

めちゃくちゃ綺麗です!雰囲気満点。

ご飯が運ばれてきました〜!

夕食時間は17:00〜19:30の中から好きな時間を選べます。

私たちの予約したプランは一乃松の基本会席【彩の膳(全12品)】です。

  • 食前酒:山桃酒  
  • 先 附:胡麻豆腐
  • 前 菜:出会い盛り四点   
  • お造り:本日の海鮮 三点盛り
  • 煮 物:焚き合せ  
  • 鍋 物:海胆鍋
  • 鉢 物:烏賊素麺  
  • 中 皿:毛蟹半身
  • 蒸 物:茶碗蒸し     
  • 揚 物:姫吉次唐揚げ(手のひらサイズ)
  • 汁 物:味噌汁  
  • 水菓子:フルーツゼリー

一番低いグレードにしたのですが、なかなかの量!

毛ガニも半身つきます。

カニは全部食べやすいようになってました!

カニって美味しいんですが、殻を剥くのが面倒なんですよね〜^^;

こういう風になっているとパクパク食べれちゃいます。

お刺身もめちゃくちゃ新鮮です!

あれ?3点盛りのはずが4点盛りになってる。サービスかな?笑

食前酒が美味しかったです。

函館ワインを、一乃松オリジナルでブレンドしているそうです。

ウニ鍋!初めて食べました!

旦那が「美味しすぎる〜!」と絶叫してました。笑

イカソーメンです。盛り方がお洒落〜。

今、函館はイカ漁が不調なので、貴重な貴重なイカ刺しです。

串を持って、生姜を入れた醤油につけて食べます。

甘味があって最高に美味しかったです; ;

出会い4点盛りの中の一つに、山桃(赤い丸いやつ)というものがありました。

果物の酸っぱさと甘味のバランスがちょうどよく、美味しく食べれました!

桃のジューシーさはあまり感じられませんでした。

どちらかというと、桃よりも梅の甘いバージョンといった感じです。

この焚き合わせがすごく美味しかったです。

味が染み込んでいて最高でした。

最後に遅れてキンキの唐揚げが出てきます。

こちらは姫サイズのキンキの唐揚げです。

姫サイズとありましたが、言われなくちゃわからないかも?

サクサクカリカリです!

一乃松名物のキンキの唐揚げ、とっても美味しかったです!

お味噌汁とデザートも後から出てきます。

ふのりのお味噌汁と、

みかんゼリーです。

ゼリーというか、みかんプリンみたいな感じでした。

これもめちゃくちゃ美味しかったです。

さすが料理が美味しいで有名な一乃松さん。

どれを食べても美味しかったです。

旦那と私の中で、これまで行った旅館の部屋食ランキング第一位にランクインしました!

本当に美味しいのでぜひぜひ行ってみてください!

子供用の椅子と食器も貸してくれます。

格式が高そうな旅館で、子供受け入れNGなのかと思いきや!

とってもとってもウェルカムです。嬉しい〜。

完食しました!本当に美味しすぎた夕食です。

ぜひ一度は皆さんにも食べてもらいたい…!

朝食

朝も部屋食です。

ご飯を食べる30分前に布団を上げに来てくれます。

布団をあげた直後はホコリが舞うので、上げてから30分後に食事を運んでくれるのだそう。

優しい心遣いですね^^

朝食も7:00〜8:30までの間で好きな時間を指定できます。

私たちは早めのチェックアウトを予定していたので7:00にお願いしました。

朝から豪華です。

またまたイカ刺しが出てきました!

湯豆腐もつきます。

湯豆腐で朝の強張った体がほぐれていきます^^

うちの子はこの海苔が美味しかったみたいで、私の分だけでなく、旦那の分もとって、全部1人で食べていました。笑

朝からお腹いっぱいです!

軽く温泉に入ってチェックアウトします!

温泉

浴場が入れ替わっていました。

朝は聚楽の湯を楽しむことができました^^

maru

ところで聚楽ってなんなんだろう?

と思ったので調べてみました。

土塗壁を代表する京壁の中でも最高級の左官材料。京都市内で産出される、褐色で渋みのある色土で、古くなると独特の味わいのさびが出てくる。本じゅらく水捏ね(みずごね)仕上げなどが有名である。

聚楽とは – コトバンク

なるほど〜!最高級材料だったのですね!

聚楽がふんだんに使用されていて、とても贅沢な造りとなっていました^^

露天風呂でまったりできました〜。

チェックアウト

いよいよチェックアウトです。

一乃松最高すぎて帰りたくないです…。笑

函館市内なので、また機会があればすぐ!!来ます!

函館湯の川温泉 旅館一乃松まとめ

  • ご飯がとても美味しい!!!
  • 朝夕部屋食でいただける
  • 温泉は源泉100%掛け流しではない
  • 夜通し入浴できる
  • 小さな子供も宿泊OK
  • 純和風・高級感あふれる素敵な老舗旅館
  • 旅館スタッフがみんな優しい、気遣いがすごい
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。